2018年10/27、ライブ完遂。

2018年10月27日(土)巣鴨獅子王にて行われたCycle of 5th Presents「A Dramatic Time of Events Vol.18」無事完遂いたしました。

観に来ていただいた方、対バン目当てだけど早く来て、または残っていただいて見ていただいた方、見に来られなくても声援いただいた方、本当にありがとうございました。

そして、主催のCycle of 5th、対バンの皆様、ありがとうございました。

対バンだと自分がバタバタしているので、あまりライブは見られないので残念ですが、最後のどり~むじゃんぼさんは見ることが出来ました。Dream theaterのコピーバンドでしたが、素晴らしい演奏でした。特に鍵盤さんがすごくて。KRONOSにIPADだけ?で素晴らしい演奏に耳と目を持っていかれました。

そして、スタッフとしていつもご協力いただいているビデオ撮影のまじぇさん、ローディのあきのり、いつも感謝しています。本当にありがとうございました。

さらに素晴らしかったのが獅子王のスタッフの皆様。前から良かったですが、更に良くなって、こんなに素晴らしい箱は自分が出演した中、他にはありません。

「今日の目標はSEIRAさんのセット転換を時間内に終わらせることです!」なんて言っていただいて、嬉しかったです。事前のやり取りからバンド転換の動線、控室の使い方や接客の態度まで、最高でした。

そんな環境で気持ちよく最後のライブを終えることが出来ました。

そう、なかなか宣伝や告知にて言いにくい感じでしたので言いませんでしたが、これは色々な意味で最後のライブと捉えていました。

MCでも言いましたが、今年最後、平成最後、20代最後、今世紀最後とか。まあ、今年最後というのはそうですね。20代最後もそうです。(まだいう?)

リッチー・ブラックモアが名盤と呼び声も高い「STRANGER IN US ALL」というアルバムを出したのが1995年、リッチーが50歳の時です。

以前からその年までに自分のバンドである程度の形に出来なければ、といういわばタイムリミット的なものを感じていました。

そして今年に入って今回のライブを入れて4回のライブをしました。その中でこの活動をする意味、というものを考えました。

答えは出ていたのかもしれません。

こんなの意味がない、と。

ライブの前に、「この形式での活動は今回のライブで終わらそう」と思いました。

しかし、ライブの後、少しだけ変わりました。

まあ、もう少し頑張ってみようかなと。

リッチー・ブラックモアもハードロックに帰ってきたし、もう少し頑張ろうと思わせてくれる人も中にはいるのです。

別に捨てる神なんていないけど、拾ってくれる神はいました。

なので、また皆様の前にギターを持って立つことができた時は応援よろしくお願いいたします。

あ、ボーカルでは12月にライブします(笑)

Photography by Yotatsu YOKOMIZO
0012_xlarge

0015_xlarge

0016_xlarge


0018_xlarge


0022_xlarge


0025_xlarge


0043_xlarge

0061_xlarge


0069_xlarge

Photography by Official Camera
0004_original

0006_original

0008_original

18102701

次回ライブのお知らせ。

FB_IMG_1538638932682もう一ヶ月を切ってしまいましたが次回ライブのお知らせです。

前回の『We Rock』DVD収録ライブからすでに2ヶ月ほどたちました。We rockの発売は10/15ということです。どんな仕上がりになっているのかちょっとドキドキですが、思い出の一品として是非ご購入いただければ幸いです。

今回のライブは10/27(土)久しぶりの巣鴨獅子王、久しぶりのCycle of 5thさん主催のThe dramatic time of events への出演となります。

前回、前々回の当バンドの出演イベント、Welcome to the Kyo-house のkyo-chanと同じく、いつもお気にかけていただいて、何度もお誘いいただいている黒猫さんのいるCycle of 5thさん主催のイベントです。

会場は獅子王ということなので、多分ドラムも持ち込むと思います。

対バンも音楽性の似ている感じのバンドさんとの共演となります。ドリームシアターあり、レインボーあり、BABYMETALあり、オリジナルありと、全体を通して楽しんでいただけると思います。

是非観に来てくださいね。

チケットお取り置きのご用命はメッセージ、LINE、カカオトーク、スカイプ、手紙、駅の伝言板、電話、電報、じゃマールなど、どんな方法でも構いません、お気軽にお申し付けください。


Cycle of 5th Presents「A Dramatic Time of Events Vol.18」

日時:10月27日(土)
場所:獅子王
料金:前売1800円 当日2100円(+ドリンク代)

16:00オープン
①16:30-17:15=Men of Babylon (as Rainbow)
②17:30-18:15=SEIRA(オリジナル様式美)←ここ★
③18:30-19:15=BERRYMETAL(as BABYMETAL)
④19:30-20:15=Cycle of 5th(Original Progressive Metal) 
⑤20:30-21:15=どり~む・じゃんぼ(as Dream Theater)

2018年7月29日、ライブ完遂。そして急遽ライブ決定。

7/29のライブから二週間が過ぎました。

遅くなってしまいましたが、来ていただいたお客様、対バンさんを見に来たけど思いがけず見てしまったお客様、来られなくても応援いただいた皆様、少しでも興味を持っていただいた皆様、そして今回もイベントにお誘いいただいたKyo-Chan、ありがとうございました。

裏話としては今回、いつも本当に無償の愛を注いでくれている、ローディのあきのり(初代SEIRAベーシスト)が仕事のため来られず、これは大きいことでした。

荷物を運ぶのは何も問題ないのですが、これが重いんですね。キーボードなら肩に担げばいいんですけど、エフェクターやMarshallのヘッドは手で持たないといけません。これが意外と指に負担で、荷物降ろしてすぐのリハの時は指が動かなくて焦りました。本番までは時間があったのでまあ元に戻ったと言えば戻ったのですが、なんとなく影響は感じましたね。こんなところでもあきのりがどれだけ重要な存在かわかりました(笑)

あとは人生初のトリということで、不安な部分も多かったのですが、たくさんのお客様に残っていただいて感激でした。

これからもSEIRAをよろしくお願いいたします。

と、今回のライブが終わってからすぐに急遽ライブが決まりました。

そのライブがこちらです。

We ROCK Presents バンド向上委員会
【We ROCK付録DVD収録ライブ】

会場 目黒ライブステーション
2018/8/12(日)
開場開演 18:30/19:00
前売り・予約 ¥2500+DRINK(¥600)
当日¥3000+DRINK(¥600)
出演: SEIRA / 玲響 / VELATRIA / プラズマ

急遽決まったライブですので、7/29に来ていただいたお客様には特典をご用意しております。是非応援にご来場ください。お気軽にメッセージお待ちしております!

どれくらい収録されるかわかりませんが、結成32年の新人バンド、頑張ります!

【メンバーのライブ情報】

■Yuccaさん
2018/8/11(土)
新横浜NEW SIDE BEACH!!
横浜市港北区新横浜3-10横浜アリーナ1階
TEL:045-474-2144
『横浜メタル地獄!! 堀江仙人スペシャル』
0PEN / 17:00 START / 17:30
前売:¥3,000(税込) 当日:¥3,500(税込)ドリンク代別途
【出演】
ONE NIGHT STAND
OHHA
Kirra Rosa
Seventh Heaven(from大阪)
シーモネーター3(MC)
お問合せ/ 新横浜NEW SIDE BEACH!! 045-474-2144

■Shimikenさん&NoRiMeRさん
10/6(土昼)
六本木morph-tokyo
不適切ブラザーズワンマンライブ!!
『秋のオータムジャンボ不適切!!』
open/start 11:00/11:30
2500円+1drink

次回ライブのお知らせ。

もう夏ですね。連日の暑さで海に行きたい気持ちが高まっております。

セイラーだけに。

さて、2月以来のライブが今月末に迫ってまいりました。

2月のライブ映像途中にメインPCがぼっ壊れ、今はサブPCにて稼動しておりますが、写真や動画の編集にはメモリ不足、メインPCは修理に出しておりますが、いつ戻ってくることやら(泣)

このサブPCはマウスがカクカクしておりましたので、メモリが足りないのかとずっと我慢してきましたが、メインの残された線で繋ぐマウスに変えたところ!

普通に動きました。。。

そんなこんなで、最近いろいろと壊れていくわけですが、頑張って参りたいと思います。

★ライブ情報★

■2018/7/29(日)
■目黒ライブステーション
http://www.livestation.co.jp/ 

■OPEN15:35 / START15:50
■前売り2000円 / 当日2200円(+1ドリンク600円)

■CAST
①Geneしげ (as.Genesis)
②玲響
③Vorpal Bunny
④雷神フォース (as.Yngwie Malmsteen)
⑤Angel's Ladder
⑥THE YELLOW KYONKEY (as.THE YELLOW MONKEY)
⑦20:55~ SEIRA

36315102_1588366384619718_8196350562157985792_n


最近はOZZYのバンドでもご一緒させていただいている杏奈さんやしげさんのバンド、ジェネシゲさんやライジングフォースのコピーバンドさんもいますね。なんといっても今回はエンジェルスラダーさんのCD発売イベントですよ!


そんな中、なななななんと!トリ!トリ!人生初のトリですよ!トリ!トリー!!!!


すみません、取り乱してしまいました。

様式美あり、プログレありの濃いイベントです!是非ご来場くださいませ!

チケットはメッセージにてお気軽にご用命くださいませ!

2018年3月17日、ライブ完遂。

こちらでは敢えて?書きませんでしたが、3/17(土)に2/25と同じWelcome to kyo-houseのイベントにOZZY OSBOURNEのコピーバンドでボーカリスト(なんておこがましいですが)として出演させていただきました。

今回のきっかけは何かとお世話になっております、ギターリスト、KURAさん(ex.ELIXER)と今回のイベント主催者、ベースのKyo-Chanが一緒にやっていたOZZY OSBOURNEのコピーバンドのリハーサルの代打で歌わせていただいたのがきっかけです。

SEIRAで使えないかな?(いや、弾き語りとかもしたかったので(笑))と何故か買っていたボーカルエフェクターを使ったのが良かったのか、今回のOZZY OSBOURNEを演ることに当たり、お声がけいただきました。

メンバーを聞いて驚きでした。

昔、アンナメタルセッションというのがありまして、緊張しいを克服するため、ステージ慣れをするためにと一応皆勤(一回だけ反則)してまして、その主催者杏奈さんがキーボード、そのセッションに誘ってくださったのがギターの弦さん、たまにそこで共演させていただいたのが今回お声がけくださったベースのKyo-Chanなんです。

さらに、Kick the BORDERLINEというプロアマ混ざってセッションするイベントでお会いしたのがドラムのくんくんさんです。

皆さん、凄い経歴と経験と腕の持ち主で、こんな素晴らしい演奏陣に自分だけボーカルとして30年ぶりのライブって、何か間違っていないかな?と思ってはおりましたが、どうせ歌うなら尊敬するミュージシャンに演奏してもらう方がいいに決まってるじゃないですか(笑)ということで、即答差し上げました。

バンド名も決まりました。「奇跡の人。」

さて、出演が決まってから、自分には2/25のSEIRAのライブがありましたので、それまでは「奇跡の人。」のことは一切考えずにSEIRAのライブに向けた準備に追われました。

2/25が過ぎ、本番まで3週間、ひたすら曲を聴きました。初めて聞く曲もありましたが、これがかっこいい!

本番まで1週間を切ったところで内容は差し控えますが、色々なトラブルが発生しました。それは本番1時間前まで続くのです。

それでもライブはやり切りました。これはまさしくセッションに長けたミュージシャンが集まったからではないかと思います。

これこそまさに奇跡。
0099_original
Photography by KURONEKO

自分は歌うだけですからね、何も奇跡は起こしていませんが(笑)

3週間前に同じ場所でライブをしたからなのか、ギター持ってないからなのか、わかりませんが、不思議と緊張の度合いが低かったです。逆に楽しいって思えました。
29257866_290745108123990_2727008868059054080_o
Photography by KURA

そして、とても驚いているのですが反響がすごかったです。

031701
※こんな機会滅多にないので画像処理してアップ!

嬉しいことに色々な方から良かったと言っていただき、ここには書けないような嬉しいお言葉もたくさんいただきました。見ていただいた方にはお分かりいただけると思いますが、なんと告白までされてしまいました(笑)まさに奇跡!(笑)

IMG_8242
Photography by Yucca

IMG_8269

Photography by Yucca

セッションで色々な人とつながり、そしてSEIRAが出来て、さらに違うバンドでライブが出来て、更に色々な人とつながれて。音楽って辛いことばっかりだと思っていましたが、楽しさを感じられるイベントでした。

IMG_8408
Photography by Yucca

またボーカルとしてステージに上がるかどうかわかりませんが、ギター弾いててもボーカルで歌っていても100%以上の姿を見せようという気持ちに変わりはありません。

これからもよろしくお願いいたします。
ギャラリー
  • 2018年10/27、ライブ完遂。
  • 2018年10/27、ライブ完遂。
  • 2018年10/27、ライブ完遂。
  • 2018年10/27、ライブ完遂。
  • 2018年10/27、ライブ完遂。
  • 2018年10/27、ライブ完遂。
  • 2018年10/27、ライブ完遂。
  • 2018年10/27、ライブ完遂。
  • 2018年10/27、ライブ完遂。