機材変更。

この度、使用機材を変更いたしました。

長年使ってきたJCM800を断腸の思いで変更、JMP2203を使用することにしました。

20954070_1415459121883591_585990082381975766_n
※上がJMP2203、下が長年使ってきたJCM800。
JMP2203は尊敬するギターリストの方に譲っていただきました。

今回で使用してきたMarshallは4代目になりますが、このJMP2203は高校時代に初めて使用した一代目のMarshallと同じ種類のもので、まさに原点回帰、高校時代のJMPを使っていた頃の僕の音が好きだったと言ってくれてたSEIRA初代ベーシストにして現在スタッフとしていなくてはならない存在のRock爺ことあきのりの勧めもあって変えることにしました。

945830_1731627596_3large
※この後ろの3段のJMPが一代目のMarshall。

さらに今回のJMPは改造で
エフェクトループがついておりまして、そのエフェクトループを有効に使用するというミッションで、今までのようにGsystemを足下にすべて置けなくなってしまいました。

なので、色々とやってみました。

まず、エフェクトループにつなげるという事で、ケーブルを発注。今回はベルデン8412に金メッキのノイトリックで2mで発注しました。

Gsystemをエフェクトループにつなげる場合、足元のユニットから新たに2本のラインを這わすか、足元のコントロールボードとラックユニットを分離させてラックユニットをヘッドの上に載せたり、アンプの前後左右に置くかして、コントロールボードとラックユニットをCAT5のライン(まあ、LANケーブルです)でつなぐということになります。


2本増やして足元に全部置くとラインが長くなりますね。今までアンプからGsystemまで10mのケーブルでつないでいたので、単純計算で計10m×3のケーブルがアンプまで伸びることになります。


見た目や取り回しの不便さもさることながら、そこそこのクオリティのケーブルを揃えると天文学的な金額になってしまいます。(SEIRA調べ。)


なので、どっちにしてもアンプの近くまでラックユニットを持って行くしかありません。そうした時に分離したユニットをつなぐCAT5ケーブルなんて安いですし、信号の切り替えだけなのでノイズとかの心配もいらないはずです。(はずです。)
21015720_1415481878547982_6867490935140916374_o


で、色々考えたわけです。


<1>3U~4Uラックにラックユニットとコンパクトエフェクターを装着。
<1-a>ラックをヘッドの上に乗せる。  
<1-b>ラックをアンプのそばに置く。


これだとまあまあいいんですけど、ラックの幅と\ヘッドの幅が違うのと、何よりバンドの看板が置けなくなります。そして、ラックとコントロールボードは別の荷物になります。なので、一案として保留。


<2>ラックを作ってしまう。
<2-a>ラックをヘッドの上に乗せる。  
<2-b>ラックをアンプのそばに置く。


これも真面目に考えました。


しかし、ローリング錠が意外と高かったり、アルミの合口サッシ、トーレックス貼りなど、色々考えてたら、こりゃ意外と面倒くさいし金額も行くぞ、と思い、色々な設計図を頭の中でぐるぐるぐるぐるちお考えていました。
ただ、これもコントロールボードとラックユニットが別々の荷物になります。


色々考えて疲れたので、とりあえずケーブルを発注してしまおうと、アンプヘッドの前後左右上下、どこにも置けるように2mのケーブルを発注しました。


ところが、色々考えすぎて疲れてイスに腰かけてなんとなくGsystemの説明書を読んでいたら、「1mを超える場合はバランスケーブルを」って書いてあるじゃありませんか!


困った。


2mで頼んじゃった。


今からバランスケーブルに変更できるかな、出来たとしてもコネクタも変えないといけないし、追加で相当かかるかな、なんて考えて、また無駄なことをしてしまったと落ち込んでいたらGsystemを使っているプロミュージシャンの友人からアドバイスを頂きました。


「1mにしたら?」


そうか。そうしたらコネクタも変更いらないし、短くするんだから料金もかからないだろうに違いない!と変更の依頼をしたら快く変更していただきました。しかも切った1mのケーブルもいただきました。素晴らしい。
20954072_1415459848550185_6952481805982705102_n


ケーブルが1mになったのでアンプヘッドの上にラックユニットを置くことは決定しました。


でも、ラックを購入して看板を違うところに置くか、ラックを手作りで作って看板も生かすか、まだ悩んでいました。


まあ、そんなに考えてばかりではいつまでも音が鳴らせないので、とりあえず仮のモノとしてアンプヘッドに乗せられて、看板も置けて、とりあえずGT-5の時のエフェクトボードに入れて持ち運べるようなボードを作ろうと思いました。


9mmのボードを買ってきて、フエルトを貼り(仮のモノだったのでフエルトでいいか、みたいな)アルミを回して、ハンドルを付けて、ラックユニットを固定して、コンパクトエフェクターを固定して(実はこれはまだやってません)。

21032892_1415459835216853_6102864990581521366_n
20994092_1415459785216858_8170245171535860958_n
20992765_1415459721883531_3587712074317932357_n
20994143_1415459705216866_5789414832491807474_n
20526118_1415459688550201_8168071331521281938_n

表の材料がフエルトということ以外はなかなか見栄えのいいものが出来ました。


20992740_1415459181883585_6706717020246097867_n
※ヘッドに乗せてみました。

21032614_1415459258550244_8757831442456554529_n
※看板も載せてみました。


で、これはGT-5時代のエフェクトボードに入れて、今までのでかいエフェクターボードは足元のコントロールボードだけを入れて、やっぱり荷物増えるなーと思っていたのですが、今までのGsystem用のでかいボードに今回作ったボードを収納してその上にコントロールボードを重ねてみたのです。

efecter
※GT-5時代

21105748_1415459195216917_1599993964387717853_n
※今回作ったボードをGsystemのボードに入れてみました。

21034634_1415459295216907_3572619267565141470_n
※コントロールボードを乗せてみました。
ななななんと。

収まるじゃないですか。

でも、今回作ったボードは前後方向に短いのです。なので、そこを埋める台?みたいものを作ってコントロールボードがちゃんとホールドされるようにしました。


20994233_1415459385216898_1338803897033775091_n


21105748_1415459195216917_1599993964387717853_n
21105588_1415459221883581_8567571021115633379_n
21078479_1415459515216885_8743123584716678065_n

結果、今までの荷物と同じ個数で新しいシステムが組めるようになりました!

やったー!!

でも、ケーブルは同梱できないかなー。

で、最後にベルデン8412にしたらちょっとピーキーな感じになってしまい、ちょっと歪み系のエフェクターに見直しが必要になったかもしれません。それはそれで良かったのかなと思います。

シミケンの人生劇場2。

シミケンの人生劇場2。
20914423_1360923974021503_5112117278771173814_n

今年も大変光栄なことに参加させていただくことになりました。

このイベントはSEIRAでベールを弾いていただいているシミケンさん主催のイベントで、シミケンさんを中心に様々なアーティストが集まって行うイベントです。

ただ、このイベントの中で当バンドだけが毛色の違うバンドでして、ハードロックというか、うるさいというか、そんなバンドは当バンドだけでして、しかも出演時間は普通よりも少々短くなっております。

なので、当バンドだけではなくイベント丸ごとお楽しみいただければと思います。

なので、私から見た今回の目玉を少々お伝えしたいと思います!

■銀座!
ザギンですよザギン!そんなオシャレな場所でに飲みながら食べながらライブが楽しめちゃいます!

■新メンバー!?
SEIRAの新メンバー発表!?との情報が!

■出演者がすごい!
当バンド以外のバンドはポップなバンドや出演者の方々で、とても素晴らしいミューシジシャンです。

というわけで、僭越ながら出演者のご紹介をさせていただきます。(順不同です)

【南郷宏之】
私が曲を聴いて思わず泣いてしまうアーティストは世界に2名しかいませんが、そのうちの一人、南郷さんです。超素晴らしいシンガーソングライターです。
シミケンさんとのユニット「不適切ブラザーズ」にて出演されます。

【JJ GO with Toshiya】
シミケンさんの高校の同級生にして、去年の人生劇場で披露された魅惑の低音ボイスはマダムを魅了すること間違いなしです。ギターリストにToshiyaさんをお迎えしてどんな演奏になるか楽しみです。

【藤川賢一】
Fujikawa Atomic Orchestra、FOOMOONの藤川賢一さんも去年に引き続き出演されます。今年もプロフェッショナルな気持ちいい歌が聴けるなんて、幸せです。

【おのまさし】
こちらは唯一お会いしたことのない方なのですが、ロックと朗読を融合させたRock'n Roudoku(ロックン ロードク)という興味津々なユニットでのご出演です。

【杉山ユカリ】
【OCHA】
【NoRiMeR】
【shimiken】

そしてこちらの四人の素晴らしいミュージシャンがはほぼ出ずっぱりで演奏されます。

9月16日は色々なイベントと重なっていますが、是非遊びに来てください!ザギンで待ってます!

『シミケンの人生劇場2』
2017年9月16日(土)
GINZA  LoungeZERO
(東京都中央区銀座7-5-4毛利ビル7階)
17時開場  17時30分開演
Music charge  ¥3600

【2017年4月22日】 NOREAT 【渋谷GUILTY】

2017年4月22日 土曜日
“刈り掘る庭 JAM69” 
(70's 80's Rock&HR/HMトリビュートバンドライブ企画)
渋谷GUILTY
☆出演バンド 
MURIAH SHEEP ( as URIAH HEEP )
CRAZY TRAIN ( as OZZY OSBOURNE )
れいんも~ ( as RAINBOW )
乱酒( as RUSH )
NOREAT( as TREAT )

こちらのNOREATさんを撮影してきました。

何度も書いているかもしれませんが、NOREATさんのキーボード、mooriさんは30年以上前に僕がローディーをやっていたバンドのメンバーさんで、とても尊敬している先輩なのです。そのバンドではキーボード弾きでしたが、最近はベースを弾いている姿の方が多く、やっぱり自分としては鍵盤弾いている姿が見たい!ということで、今回はとても楽しみでした。
DSC_2202

DSC_2210

DSC_2228


DSC_2242


DSC_2279


DSC_2292


DSC_2347


DSC_2380

DSC_2392


DSC_2436


DSC_2452



DSC_2490

DSC_2509


DSC_2605


DSC_2701


DSC_2713


DSC_2735


DSC_2747


DSC_2809


DSC_2964


DSC_3062


DSC_3182


撮影で呼んでいただいて、最後は打ち上げにもご招待いただきました。
mooriさんとたくさんお話し出来て、メンバーの方にもたくさんいじっていただいて感激です。

ありがとうございました!

【2017年4月16日】 Reーplace&Special guest 【B-Diner】

4月16日に群馬県にあるB-Dinerというお店に撮影に行ってきました。
最近お知り合いになったWataさんのバンドと、Seventh sonが出演されるということで、自宅から60キロ強のドライブでした。

とはいえ!

時間的には1時間半くらい、都内のライブハウスに行くのと時間的には変わりません。 

しかも!

昔働いていた会社であの辺りはよく行ってたので、非常に懐かしかったです。

DSC_0846_1920
ライブハウス近くの風景です。

DSC_0847_1920
愛車と一緒に。

DSC_0857_1920

この辺は懐かしい光景でした。

DSC_0863_1920


DSC_0866_1920


DSC_0869_1920

この橋を群馬側から渡ってきてたのを覚えています。

ライブハウス(実際はダンスホール?)に着くとアメリカの田舎町のクラブ?(※あくまでも個人的な想像です。)みたいな感じで、なかなかの違和感ぶりです(笑)ステージないし。でも、僕はこういう味は嫌いではないです。

さて、ライブを観に行ったはずですが、到着した会場でWataさんからスペシャルゲストのお話を聞いてびっくり、桜花ちゃんがゲストということで、他にもKyo-chanもいたりして、びっくりでした。ドラムの方も加藤剛志さんという方で豪華なゲスト陣でした。

ということで、急きょ撮影することになりました。

DSC_0878

DSC_0889

DSC_0907


DSC_0976


DSC_1009


DSC_1056


DSC_1169


DSC_1232


DSC_1240


つづきまして、ゲストを加えての演奏です。

DSC_1328
加藤剛志氏

DSC_1361
Kyo-chan

DSC_1403
桜花ちゃん

DSC_1463

DSC_1563


DSC_1329


DSC_1580


DSC_1651


DSC_1677


DSC_1702


DSC_1729


DSC_1919

 
当たり前ですけど、桜花ちゃんはどんどん大人になっていってます(笑)
以前電話で、

「これからは桜花さんとお友達って言っていいですか?」

って聞いたら

「お知り合いくらいで」

って言われたのですが、今回は結構お話しできたのでお友達って言ってもいいでしょう。

あ、確認は取っていません。

トリのSventh sonさんはもちろん一枚も撮影していません。 
なので、演奏を楽しんでしまいました。

秋ごろ、またここで演るらしいですよ。

【2017年2月5日】 Live告知 【真昼の月・夜の太陽】

KIMG3581


今回単発ですが、念願の昭和歌謡のバンドに参加させていただくことになりました。

なんと!人前でHR/HM以外を演奏するのは、19くらいの時に友人のPOPsバンドで一回ライブをやった以来、ほぼ30年ぶりです。

2017年2月5日
真昼の月 夜の太陽
http://mahiru-yoru.com/index.html
「カバーナイト」
~云うならただの文化祭~

出演:(出演順不明)
まいたそ親衛隊 
長内映里 
chackie(KIKIMIMI)
花澄
コウモート コウモート
きのこ泥棒 じゅんな←ココ

open/start 17:00/17:30
前売/当日 2000円(ドリンク別)

曲数は少な目ですが、カヴァーナイトということで、
他の出演者の方の演奏も楽しんでいただけると思います。

是非観に来てください。
ギャラリー
  • 機材変更。
  • 機材変更。
  • 機材変更。
  • 機材変更。
  • 機材変更。
  • 機材変更。
  • 機材変更。
  • 機材変更。
  • 機材変更。